口臭の原因 と 予防 対策

病気が原因の場合2 気管支系の病気

口臭は、口の中が原因の場合だけでなく、病気によって発生する事があります。
気管支系の病気による場合

かぜ
肺炎
気管支炎

など、
かぜをひいたり、気管支炎などに罹っているときは、口臭が強くなります。

かぜなどをひいたときには、歯周病が悪化してしまうことも多く、体の免疫力が低下しているため、口腔内の細菌が繁殖しやすくなります。
タンがからんで、咳が出るため、気管支に炎症が起きています。
膿が排出されて、口の中の細胞が傷つくと、そこに細菌がついてしまい、口臭となってしまいます。

発熱によって、口腔内が渇きやすく、唾液の分泌も少なくなります。
唾液の分泌が少なくなってしまうために、口の中の自浄作用がうまく働かず、口臭が発生してしまいます。

つまり、口の中の清潔が保ちにくい状態になってしまうために、口臭につながると言えます。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top