口臭の原因 と 予防 対策

口の中が原因の場合1 口内炎・虫歯・歯周病

口内炎・虫歯・歯周病 などが原因の場合

口臭の原因の90%はお口の中にあると言われています。

病気が原因となるものは、「口の中の病気」と「その他の病気」に分けられますが、口の中の病気である場合がほとんどです。
口の中の病気や汚れは、口臭の発生につながる一番の原因と言えます。

虫歯や歯周病は、食べ物のカスが歯や歯茎に残って腐敗したり、細菌が発生して、歯や歯茎が侵される病気です。
虫歯や歯周病ができる過程で、悪臭を放ちます。

糸ようじ(デンタルフロス)などで、歯と歯の間をこすった後、ニオイをかいでみて、嫌なニオイがするようなら、虫歯か歯周病に侵されているかもしれません。

歯にかぶせた金属が古くなって、穴が開いたり、隙間ができたりすると、中の歯が腐ったり、虫歯がすすんでいることがあります。
神経のない歯に金属がかぶせてある場合は、要注意です。
痛みがないので、悪くなっていても気づかず、口臭の原因となっている場合があります。

歯周病は、始めは自分ではなかなか気づきにくい、恐ろしい病気です。
初期においては、痛みもなく、静かに進行するため、自覚症状がないのです。

放置しても決して治る事はありませんので、歯科で診てもらうことをおすすめします。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top