口臭の原因 と 予防 対策

食べ物が原因の場合

食べ物や嗜好品による口臭は一時的なものですが、なるべく、人に不快感を与えないようにしたいものですね。

まずは食後の歯磨きなどで、お口の中を清潔に保つことが、最も重要です。

    口臭の原因となる食べ物


にんにく
ねぎ
にら

ニオイの強い食べ物は、口臭の原因となります。
にんにくやねぎなどによる口臭は、単にお口の中に残るニオイではありません。

にんにくに含まれるアリシンという物質が体内で分解され、ニオイの元となるアリルメルカプタンという物質を発生させます。

そして、肺から息と一緒に吐き出されるため、口臭が発生します。
このため、歯磨きをしてもなかなかニオイが取れないのです。

にんにくを食べる前後に、牛乳を飲む事で、口臭を抑えてくれます。
悪臭の元になるたんぱく質を、脂肪の膜で包み込むため、アルコールの臭い消しにも効果があります。

同様に効果のある飲み物として、緑茶も良いとされています。
これは、緑茶の成分であるカテキンの殺菌、消臭効果によるものです。

また、水を飲むだけでも一定の効果があると言われています。

また、意外なところでは、

ブロッコリー
カリフラワー
お肉
プロテイン

なども口臭の原因となることがあります。

どうしてもニオイが気になるときは、歯磨きなどで、口の中を清潔にした上で、市販の洗口剤や清涼剤などを使用してもよいでしょう。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top