口臭の原因 と 予防 対策

生理的な口臭とは

人は誰にでも、体臭があり、少なからず口臭はあるものです。
生理的口臭とは、誰にでもあるニオイで、通常本人が気にする必要のない場合がほとんどです。

調査によると、「気になるニオイ」として、5人に1人は「口臭」を挙げているそうです。
口臭が強い事で、人とのコミュニケーションの妨げとなり、円滑な社会生活を送れなくなることさえあります。
そのため、いったん気になると不安になってしまうものです。

生理的口臭のニオイの元は、食べ物のカスが腐敗したものや、歯垢などによるものです。
一生懸命歯磨きをしても、口の中の汚れを100%取ることはできません。

起床直後や、空腹時、緊張して口が渇いたときなどに、口臭は強まります。

これは、唾液の分泌が少なくなるためです。
唾液には、口中の細菌や、食べ物のカスを洗い流し、生理的口臭を抑える機能があります。

生理的口臭は、歯磨きをして口の中を清潔にし、食事を摂ることで唾液の分泌が増加すれば、感じられなくなります。
食事を摂ると、口臭が発生してしまうと思い込んで、朝食などを抜く人がいますが、空腹時は唾液の分泌が減少するため、これはむしろ逆効果なのです。

もちろん、お口の中が汚れていれば、口臭は強くなります。
当然のことのようですが、まずは口の中を清潔に保つことが大切です。

スポンサードリンク
URL :
TRACKBACK URL :

*
*
* (公開されません)

Return Top